海老名駅に隣接

Top Tel Mail Facebook

AE海老名・綾瀬法律事務所

◆来客用駐車場完備(敷地内)◆
 パソコンサイトへ 

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

法律相談

Top Tel Mail Facebook

法律相談について

社会生活の中では,ときに民事紛争,家事紛争,刑事事件など,普段の生活では想像もしなかった事態に巻き込まれることがあります。そんなとき,弁護士と面会することによって、直面する法律問題の解決の糸口を見つけるのが法律相談です。法律相談では、弁護士が事件を受任して解決に乗り出す必要があるか、別の解決方法があるか等が詳細に検討されます。事案によっては、法律相談だけで解決される事案も少なくありませんので、悩む前に一度、弁護士と面会をしてみてはいかがでしょう?受任前の相談についても、弁護士には相談者の秘密を守る義務があります。 法律相談を申込むには予約が必要です。電話(046-205-3780)等で予約をとった上お越しください。

無料相談

借金問題の相談は時間内無料です。また,水曜の法律相談は,どのような内容でも初回時間内無料です。

水曜相談

水曜の法律相談は,どのような内容でも初回10時~20時は45分無料です。

借金問題の相談

借金問題(破産・債務整理等)の相談は,初回平日10時~20時(土曜10時半~16時)は45分無料です。

水曜以外の平日の相談

平日の相談初回及び継続相談とも,45分6000円(税込)です。

早朝・夜間・日曜・休日の相談

早朝・夜間・日曜・休日の相談は,初回及び継続相談とも,45分7000円(税込)です。

継続相談

2度目以降の継続相談は,内容を問わず,平日は45分6000円,早朝・夜間・土日・休日は45分7000円(税込)です。

その他

※相談予約の電話受付は、原則,平日9:00~19:00及び土曜日10:00~16:00です。ただし,時間外でも対応できる場合があります。

※相談時間は平日10:00~20:00及び土曜日10:30~16:00(相談料は上記表参照)です。ただ,どうしても都合がつかない方には,予約の上,時間外・休日でも対応させていただいております。

※この他,条件を満たせば法テラスの法律扶助でも無料相談を受けられます。更に、一定の条件を満たせば、事件処理の費用についても扶助を受けることができます。詳しくは、法テラスのサイトwww.houterasu.or.jpを閲覧下さい。

※上記のとおり,早朝・夜間・休日の相談も可能です(受任後には,裁判所への出頭等で平日の時間を確保してもらう必要が生じる場合があります)。

※予約した相談に来られなくなった場合は必ず事前に連絡して下さい。

※法律相談に利用する相談カード及び事案説明表が事務所のパソコンサイト(パソコンサイト)からダウンロードできます(PDF)。詳しくは,当事務所にお問い合わせ下さい。


 法律相談 (旧サイトへ) 

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

弁護士紹介

Top Tel Mail Facebook


*弁護士 中道  徹

Toru Nakamichi
横浜国大ロースクール客員教授
神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

弁護士紹介

Top Tel Mail Facebook

* 弁護士 中道 徹の略歴、著作及び講演

【略歴】

  • 1979年3月 私立早稲田高等学校 卒業
  • 1983年3月 筑波大学 第二学群 生物学類 卒業
  • 1983年4月 高校教師(生物)、システムエンジニア等を経て、ファルマシアバイオテク(現GEヘルスケア・ジャパン 株式会社)勤務(1998年10月、在職中に2度目の受験で司法試験合格。翌年4月より司法修習(横浜修習))
  • 2000年10月 弁護士登録、あさひ法律事務所(現・西村あさひ法律事務所)を経て大野総合法律事務所
  • 2005年5月 米国ジョージ・ワシントン大学ロー・スクール卒業 法学修士(知的財産権)
  • 2005年8月 Finnegan, Henderson, Farabow, Garrett & Dunner, LLPにて研修(1年間)
  • 2007年3月 大野総合法律事務所退職
  • 2007年4月 AE海老名・綾瀬法律事務所設立
  • 2009年4月 横浜国立大学,法科大学院,教授(法曹実務客員教授(特許法等))

  • ------
  • 日弁連外国弁護士及び国際法律業務委員会・委員(2014年~)
  • 日弁連裁判迅速化法問題対策検討委員会・委員(2013年~2015年)
  • 日弁連知的財産センター・委員(2009年~2015年)
  • かな弁民事裁判手続運営委員会・委員(破産懇部会)
  • かな弁法科大学院支援委員会・委員(就学就業支援部会)(2009年~)(2015年まで部会長)
  • かな弁知的財産研究会(2007年~)
  • かな弁独占禁止法研究会(2007年~)
  • (現職)
  • 国立大学法人 横浜国立大学 法科大学院 法曹実務客員教授(特許法等)
  • 横浜家庭裁判所調停委員
  • 『横浜市入札等監視委員会』委員
  • サイエンス映像学会会員
  • 日本科学技術ジャーナリスト会議会員(賛助会員)
  • 日本知的財産仲裁センター仲裁人候補
  • 関税法第69条の18に規定する専門委員
  • 神奈川近代文学館を支援する会会員
  • 国立大学法人 筑波大学 利益相反アドバイザリーボード
  • 同大学 知的財産マネージャー
  • 横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク (財)木原記念横浜生命科学振興財団 バイオアドバイザー
  • 海老名商工会議所会員
  • (かつて就任
  • 日本学術振興会(JSPS)「10年後の多様なサービスを柔軟に構築できるICTプラットフォームと産官学協働のあり方」に関する先導的研究開発委員会委員
  • 弁理士会特定侵害訴訟代理業務能力担保研修講師
  • 国立大学法人  横浜国立大学 利益相反マネージメント委員会 委員
  • 元・海老名ロータリークラブ会員
  • ------
  • 情報処理・特種,1種,2種
  • 高等学校教諭免許(理科)

【著作】

  • 「会員だより 弁護士の日常活動と科学 そこで感じたこと」『日本科学技術ジャーナリスト会議会報』No.81 LEFT
    *2016年に中国の厦門等に行ったときの旅行記等を載せています。
  • 「被告側から考える特許権侵害・営業秘密漏洩事件」「図書館で学ぶ知的財産講座2016」神奈川県立川崎図書館・平成28年10月19日LEFT
  • 「日本弁理士会・関東支部・神奈川委員会との合同研究会に出席させて頂いて ~発明の本質的部分とPBPクレームの解釈について~」『弁護士の眼・弁理士の目~横浜弁護士会知的財産法研究会と日本弁理士会・関東支部・神奈川委員会との合同研究会成果報告~』横浜弁護士会、専門実務研究2016(平成28)年 第10号83頁LEFT
  • 「現場で考えたこと」&「日本の航空機産業は復活するか」『日本科学技術ジャーナリスト会議会報』No.78 LEFT
    *2016年に福島原発を訪問したときの感想及び航空機産業についての月例会報告を書いています。また,写真にも写っています。
  • 「バイオシミラー上市のための特許調査で気をつけること」『ジェネリック医薬品・バイオ後続品の開発と販売・マーケティング戦略』技術情報協会LEFT
  • 「ベバシズマブ事件―知財高裁第合議判決・平成26年5月30日(平成25年(行ケ)第10195号、平成25年(行ケ)第10196号、平成25年(行ケ)10197号、平成25年(行ケ)第10198号、いずれも審決取消請求事件)―」公益財団法人 日本関税協会知的財産情報センター,CIPICジャーナル Vol.223 LEFT
  • 「糖尿病薬(ピオグリタゾン併用薬)特許権侵害差止等請求事件」公益財団法人 日本関税協会知的財産情報センター,CIPICジャーナル Vol.215 LEFT
  • 「プロダクト・バイ・プロセス・クレームの解釈~揺らぐ物の発明の意義~」横浜弁護士会、専門実務研究2013(平成25)年第7号152頁LEFT
  • 知的財産高裁平成24年1月27日判決(大合議判決)「プラバスタチンナトリウム(プロダクト・バイ・プロセス・クレーム)」事件LEFT
  • 「特許権の存続期間の延長登録出願を巡る最近の判例と審査基準の改定~「パシーフカプセル30mg」事件を中心に~」横浜弁護士会、専門実務研究2012(平成24)年 第6号124頁LEFT
  • 「米国特許法(35 U.S.C.)の改正と最近の米国裁判例,実務」技術情報協会、PHARMSTAGE 2012.2.15LEFT
  • 「特許権の存続期間の延長登録出願を巡る最近の判例 ~「パシーフカプセル30mg」事件とその後の展開~」技術情報協会、PHARMSTAGE 2012.1.15LEFT
  • 「一問一答 下請法・下請取引<16> -下請取引と民法改正の議論-」商事法務、NBL 2010.11.1(No.940)
  • 「特許侵害訴訟提起の前に」横浜弁護士会、専門実務研究2010(平成22)年 第4号
  • 「著作権法」共著 横浜国立大学(平成19・20年度専門職大学院等教育推進プログラム「展開・先端科目を中心とした教材開発」平成21年度(社)私的録画補償金管理協会寄付講座「著作権教育に関する教材研究・開発」報告書) 2010.3.末LEFT
  • 「一問一答 下請法・下請取引<6> -情報成果物作成委託における内容の変更-」商事法務、NBL 2009.12.1号
  • 「営業秘密入門」横浜弁護士会、専門実務研究2009(平成21)年 第3号
  • 「『用途発明』に関する考察」横浜弁護士会、専門実務研究2008(平成20)年 第2号128頁LEFT
  • 「『輸出』の権利も消尽するか?」経済産業調査会、知財ぷりずむ2007年4月号
  • 「[米国知的財産権最新レポート]『KSR v.Teleflex事件』非自明性の基準について米国連邦最高裁判所で争われた事件『24人の知財教授による意見書』─米国ジョージ・ワシントン大学ブラウナイス教授へのインタビュー─」共著/経済産業調査会、知財ぷりずむ2007年3月号
  • 「[バイオ関連特許係争事例]米国最高裁メディミューン判決速報『ライセンシーがロイヤリティを支払いながら、特許無効の宣言判決を求めることの可否、及び本最高裁判決のテヴァ判決への影響』」経済産業調査会、知財ぷりずむ2007年2月号
  • 「『輸出』を実施行為等とする法改正について」大野総合法律事務所ニュースレター(2007年1月)
  • 「「つくば生物ジャーナル 」Tsukuba Journal of Biology (2003) 2: 338-339.LEFT
  • 「図解eビジネス・ローのすべて」共著/中央経済社
  • 「イラストと図解でわかる個人民事再生手続Q&A」共著/中央経済社
  • 「’99司法試験合格者ファイル」共著/辰巳法律研究所

【講演】

  • 「弁理士と弁護士による特許のイロハ ~ストーリーで学ぶ知的財産制度の基礎~」IDECセミナー公益財団法人 横浜企業経営支援財団・平成28年2月26日LEFT
  • 「特許権の存続期間の延長について」日本弁理士会関東支部・横浜弁護士会合同研修会・平成27年11月24日
  • 『知財を活かす』―ライセンス契約・平成25年度 中小企業シンポジウム 知財経営その活用・平成25年9月13日横浜弁護士会LEFT
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<かわさき知的財産スクール>平成25年5月22日公益財団法人 川崎市産業振興財団LEFT
  • 「理系出身弁護士の語る法律の仕事」<横浜国立大学「未来情報通信医療社会基盤センター」第55回座談会>平成24年6月26日LEFT
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<川崎市知的財産スクール>平成24年5月16日 川崎市
  • 「中堅・中小企業の知的財産の管理」<川崎市知的財産スクール>平成23年10月4日 川崎市
  • 横浜国立大学・横浜経済学会・横浜国際経済法学会共催 学術講演会 「法曹の過去、現在、そして未来」平成23年1月12日
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」及び「企業秘密保護の仕組み(不正競争防止法等)」<川崎市知的財産スクール>平成22年11月16日及び30日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成22年11月11日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」及び「企業秘密保護の仕組み(不正競争防止法等)」<川崎市知的財産スクール>平成21年10月20日及び27日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成21年10月21日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「裁判員制度について」平成21年3月25日 海老名市役所
  • 「裁判手続き(侵害訴訟等)に備えて」<川崎市知的財産スクール>平成20年12月2日 川崎市
  • 「ライセンス契約の留意点」<横浜市知的財産セミナー>平成20年9月24日 広域関東圏知的財産戦略本部・関東経済産業局・特許庁・横浜市
  • 「バイオ特許における係争事例の検討(複雑化するバイオ係争)」平成20年2月27日 技術情報協会
  • 「大学が行う共同研究における秘密保持契約と秘密管理について」平成19年2月19日 三重大学医学部産学連携医学研究推進機構
  • 「バイオ特許における係争事例の検討(複雑化するバイオ係争)」平成19年1月30日 技術情報協会

【出席】

  • 「裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会 」「知的財産紛争の最前線」別冊L&T No.1
  • 「裁判所と日弁連知的財産センターとの意見交換会 」判例タイムズNo.1374 2012.9.1号

※上記論文・講演の問い合わせは,info@ebiaya.comにお願いします。※

ページの先頭へ

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

弁護士紹介

Top Tel Mail Facebook

ページの先頭へ

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

弁護士紹介

Top Tel Mail Facebook

アクセス

Top Tel Mail Facebook

【相鉄線海老名駅に隣接!】
地図上の「えびすビル松本」4階です。
地図がずれて表示される場合がありますが,青い線が駅からの経路ですので,ドラッグして下さい


※事務所までは,徒歩1分です。上記の青い線に沿って歩いて下さい。

※より大きな地図で AE海老名・綾瀬法律事務所 を表示します。
来客用駐車場あります(敷地内)。ご利用の方は事前に連絡下さい。場所を案内します。

〒243-0432 神奈川県海老名市中央1-8-3えびすビル松本4階
AE海老名・綾瀬法律事務所
電話:046-205-3780

AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話: 046-205-3780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)

当事務所について

Top Tel Mail Facebook

*AE海老名・綾瀬法律事務所について

「AE海老名・綾瀬法律事務所」は、相鉄・小田急・JR相模線の3線が乗り入れる神奈川県海老名駅の前(徒歩1分)にある法律事務所です。海老名駅を利用するのは主に海老名及び綾瀬の市民の方ですので、その方々にとって役立つ地域に密着した法律事務所となるよう、両市の名を冠した事務所にさせていただきました。「AE」は、両市の頭文字を逆に並べたものです。

また、海老名駅は、たとえば相鉄線の各駅の中では横浜駅に次いで乗降客の多い駅で、海老名・綾瀬市民以外にも、中には、周辺の厚木市、横浜市、大和市、座間市、寒川町、愛川町、相模原市、町田市、又は藤沢市にお住まいで、毎日の乗り換えには利用するものの、余り駅構内から出たことはないという方もいると思います。そういった方にとっても、徒歩1分のところにある当事務所は、便利に利用していただけるものと考えております。

このように当事務所では、悩みや心配事を抱えた方、あるいは、ビジネス上の夢を実現させるための法的助言を必要とされる方が、過重な負担なく気軽に利用できるよう、居住地・通勤路に近いところに事務所を置き、地域に密着したアクセスよい役立つサービスを提供することを目指しております。

敷居が高いという批判もある弁護士によるリーガル・サービスですが、法の支配の実現のためには、これをあまねく行き渡らせなければならないという理念の下、近年様々な試みが司法の分野で行われています。これによって、垣根もいくらか下がってきたと思います。もとより、各方法論には賛否の議論がありますが、単に議論で終わらせることなく、実践として上記理念に対する自分なりの解を示すことができればと考え、この地に法律事務所を開設しました。

*事務所設立5年

【2012年1月追加】
今年で,事務所を設立してまる5年になります。この間,法曹として,法科大学院での特許法等の講義を始め,法廷活動に止まらない仕事の場を与えられ,周りの方に支えられたこともあり,一定の成果を上げることができたように感じています。振り返ってみると,設立からのこの5年は,がむしゃらに走り続けあっという間に過ぎて行ったようにも感じられます。「5年」は1つの節目なので,今年は,これからの「5年」を考え,自分や事務所を,地域や社会,大仰に言えば世の中のために,どう活かすことができるかをもう一度考え,次なる目標に向かってしっかり礎を築ける年にしたいと考えています。このように考えましたので,事務所のサイトに記録として残しておくことにしました。

*事務所設立10年

【2016年4月追加】
2007年に事務所を設立して10年目となりました(来年の4月でまる10年)。この10年間で法曹人口も相当増え,弁護士も市民の皆様に随分利用しやすい存在になったのではないかと思います。当事務所も,この間,「県央のビジネスに役立つ」,「身近に対応する」という目標を掲げ微力ながら邁進し相応の成果を出せたと考えております。また,単に規制緩和で弁護士の人口が増えただけではなく,イノベーションを始めとする環境の変化によっても,法律家の仕事は変わってきています。しかし,これは弁護士業界に限ったことではありません。古くは産業革命期,最近で航空産業や金融業の規制緩和期など,様々な分野で発生した現象です。司法の分野も,まさにそういう変化の時代にさしかかったということだと思います。なので,しっかり舵取りして今まで以上のリーガルサービスを提供して行きたいと思います。10年は一区切りですので,設立時の初心を振り返り,新たな10年に踏み出して行きたいと思います。皆様,よろしくお願いします。

*日本科学技術ジャーナリスト会議・賛助会員

【2016年7月追加】
現代社会は科学技術なしには語れません。法律家が科学技術に関与するのは,特許等の財産権の場面ばかり浮かびますが,実は科学技術はより多くの局面で常に法律家を刺激しています。私は,もともとが理系なので科学技術に関心があり,法律家になってから,その社会的意味を常に考えていました。数年前に日本科学技術ジャーナリスト会議を知り,一般会員になりました。その後,私の関心とよく似た切り口で活躍されている多くのジャーナリストの方を知ることができ,科学ジャーナリスト塾や福島第1原発の見学などにも参加させて頂きました。また,科学ジャーナリスト賞の授賞式ではノーベル賞受賞者の白川先生を始め著名な方々のお話しを伺うことも出来ました。そんな経験からより同会議の活動を支援したいと考えるようになり,この度賛助会員となることを申し出ました。幸い,承認されましたので,今月から弊事務所は日本科学技術ジャーナリスト会議の賛助会員となりました。ここに記しておきます。

弁護士 中道 徹


当事務所について (旧サイトへ)

ページの先頭へ



AE海老名・綾瀬法律事務所 since 2007, this site since 2013
電話:0462053780

神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)・駐車場完備(敷地内)